伊豆大島ナビ『スロー風土記』

みなさん、こんにちは!
こちらは伊豆大島の楽しみ方発見サイト『伊豆大島ナビ』の編集部ブログです。
<< かめりあ丸、最終就航!! | main | 橘丸お披露目会 >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - |
    行者祭(ぎょうじゃまつり)
    0
      みなさん、こんにちは!
      伊豆大島ナビ編集部です!
       

      先日、6月15日に『行者祭(ぎょうじゃまつり)』が行われました。


      『行者祭』は、泉津地区の行者浜で行われます。
      普段は、まったくと言っていいほど人気のない浜。。


      『行者祭』は、奈良時代に実在した役小角(えんのおづぬ)という呪術者がその能力をねたんだ人に訴えられ、
      世を惑わす妖言をなしたという理由で大島に流罪になり、
      行者窟に住んで修行したという言い伝えから
      毎年6月15日に行われているお祭りです。

      梅雨時期にもかかわらず、
      6月15日は雨がぴたりと止む事が多いのだとか。


      お祭には熱海の真言寺からご住職と信者の方々が
      毎年大島に来らているそうです。


      まず、泉津の若者を先頭にご住職と信者の方々が行列をなして進み、
      ホラ貝の合図で儀式が始まりました。

      行者祭02
      ヒノキ葉の山に点火です。

      行者祭05
      ホラ貝と太鼓、錫杖の音が鳴り響く中、 お経が唱えられ、
      護摩行が始まりました。 

      行者祭01


      行者祭03
      護摩などを投げ入れながら、読経は30分ほど続けられました。


      そして、落石や崩壊の恐れがあるため、今は立ち入り禁止となっている「行者窟」。
      この祭りの日だけ、一般公開され入る事ができます。

      行者祭06
      行者窟は、崖っぷちの細い道の先にあります。


      行者窟へ行ってみると、、


      行者祭04


      半円の大きな洞窟がありました。
      岩間からは滴る水と緑。
      とても静かで行者様が守られているような空間でした。

      反対の景色はすぐ海。
      この洞窟から海を眺め、行者様は何を思っていたのでしょうか。
      異空間からほんの少しタイムスリップを味わった時間でした。

                            
      | 島のできごと | 11:25 | - | trackbacks(0) |
      スポンサーサイト
      0
        | - | 11:25 | - | - |
        この記事のトラックバックURL
        http://oshima-navi.jugem.jp/trackback/112
        トラックバック
        CALENDAR
        S M T W T F S
            123
        45678910
        11121314151617
        18192021222324
        252627282930 
        << November 2018 >>
        PR
        SELECTED ENTRIES
        CATEGORIES
        ARCHIVES
        モバイル
        qrcode
        LINKS
        PROFILE